本文へジャンプ

スポーツ歯学 第8巻第1号(平成17年3月31日発行)

巻頭言

アンチドーピング元年の日本アメリカンフットボール協会 ⅰ
第15回日本スポーツ歯科医学会学術大会大会長 山本鉄雄

原著

顎口腔領域のスポーツ外傷ならびにマウスガードに関するアンケート調査-長野県中学校・高等学校について- 1-8
鷹股哲也,倉澤郁文,武田友孝,石上惠一

マウスガード用作業模型に関する考察 9-13
町 博之,前田芳信,三浦治郎,高橋純造

空手道におけるマウスガードを考える-(財)全日本空手道連盟ナショナルチームにおけるアンケート調査から- 14-20
鈴木浩司,川良美佐雄,福本雅彦,村上 洋,小林 平,小見山 道,浅野 隆,飯田 崇,小倉千春,大庭愛子

高校アマチュアボクシング選手の口腔外傷に感するアンケート調査-階級による比較- 21-24
山中拓人,近藤剛史,上野俊明,大山喬史

マウスガードの咬合面形態が競技者に与える影響-クロスオーバーデザインとビジュアル・アナログ・スケール(VAS)を用いた検討- 25-30
津川 剛,前田芳信,山田純子

高衝撃吸収性マウスガード材料の接着強度ならびに部分的ラミネート法の効果について 31-34
山田純子,前田芳信,松田信介,高橋良平,高田和明

Development of a method for mouthguard identification 35-39
Takahashi F, Koji T, Morita O

スキューバダイビング用マウスピースの設計が呼吸抵抗に及ぼす影響 40-49
廣瀬俊章,小野高裕,長島 正,野首孝祠

マウスガードの咬合挙上量と競技者のスポーツパフォーマンスとの関係 50-56
渥美陽二郎,志村 崇,小司利昭,森田修己

臨床報告

スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム長野における歯科的サポート活動-特にフロアホッケーアスリートに作製したカスタムメイドマウスガードについて- 57-63
鈴木浩司,川良美佐雄,福本雅彦,村上 洋,小林 平,小見山 道,浅野 隆,小倉千春,大庭愛子,飯田 崇,高橋久雄

鼻修正術施行後の両側性唇顎口蓋裂患者に対するフェイスガードの製作 64-68
中禮 宏,上野俊明,大山喬史

安全教育によるマウスガード装着率の向上について 69-74
宮澤 慶,松本 勝,安井利一

調査報告

2004年西日本医学生体育大会ラグビー競技部門におけるマウスガード義務化に関するサポート活動について 75-81
前田芳信,山田純子,松田信介,三浦治郎,村田真理子,佐藤 元,津川 剛,矢儀一智,木下可子,高橋良平,前田憲昭

情報

ドーピング検査における歯科用薬剤の取り扱いについて-2004年度- 82-84
木下可子,前田芳信,竹内正敏,前田憲昭,松田成俊

第15回日本スポーツ歯科医学会学術大会 事後抄録85-108

会則
認定医制度規則・施行細則
投稿・掲載規定
平成17年度役員一覧
編集後記(安井利一)

ページの先頭へ戻る


2018年6月23日(土)・24日(日)
トークネットホール仙台(仙台市民会館)


2017年6月18日(日)
札幌市教育文化会館


2017年6月18日(日)
札幌市教育文化会館
※2017年度はDTセミナーではなく自由集会の開催となります。


2017年12月3日(日)
東京


2018年2月11日(日)
大阪大学中之島センター


最新号:第21巻 第1号