関連国際学会学術大会

国際歯科麻酔学会議(IFDAS)

第16回国際歯科麻酔学会議(IFDAS2021)のご案内

2021年にロシアのモスクワにて、第16回国際歯科麻酔学会議(IFDAS2021)が、Russian Society for Anesthesiology and Safe Dentistryの主催により開催されます。
詳細は追ってお知らせいたします。

  1. 会期:2021年9月17日(金)~19日(日)
  2. 会場:未定(モスクワ・ロシア)
  3. 大会長:Natalia Anisimova(Moscow State University of Medicine and Dentistry)

アジア歯科麻酔学会連合(FADAS)


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、韓国歯科麻酔学会(KDSA)が本年6月にソウルで開催予定としておりました第13回FADAS学術大会の開催中止を決定しました。
延期も含めて、来年以降のFADASについては、追って情報を掲載します。

第13回FADAS(アジア歯科麻酔学会連合)学術大会開催のお知らせ

2020年のFADAS(アジア歯科麻酔学会連合)学術大会は、韓国歯科麻酔学会(The Korean Dental Society of Anesthesiology:KDSA)の主催により、ソウルで開催されます。

アジア各国においても歯科麻酔のニーズは高く、特に子供や障害者を安全に治療するためには、必要不可欠なものであるとの認識が高まっているようです。また、医療制度や国民性の違いを肌で感じることは、我々の視野を広げてくれますし、海の向こうに同じ志を持つ友人ができることは、純粋に嬉しいものです。近年ではタイ、インドネシア、シンガポールなどからの参加も増えています。どうぞ奮ってご参加ください。

(FADAS日本代表理事:砂田勝久、鮎瀬卓郎、丹羽 均)

The 13th Annual Meeting of the Federation of Asian Dental Anesthesiology Societies
(FADAS 13th 2020 in Seoul)

  • 開催日:2020年6月13日(土)~14日(日)
  • 会場:COEX コンベンション アンド エキシビション センター(ソウル・韓国)
  • Webサイト:http://fadas2020.org/?ckattempt=3

国際歯科研究学会(IADR)

第98回国際歯科研究学会(IADR)学術大会のご案内

  1. 会期:2020年3月18日(水)~21日(土)
  2. 会場:ワシントンDC(アメリカ)

詳細についてはIADRホームページでご確認ください。
http://www.iadr.org/

IADR DAR Septodont Young Investigator Prize for Innovationについて

「IADR DAR Septodont Young Investigator Prize for Innovation」が創設されました!

<本賞の目的>

IADRのDARグループは、歯科麻酔に関する革新的な研究を奨励し、かつ前途有望な若い研究者による優れた研究を表彰するために、IADR一般セッションで発表された学生による麻酔学関連の最も優れた研究に対して賞を設立する。

<資格>

対象は大学院生までの学生とする。研究の概要は、口演またはポスター形式で、IADRのDAR部門で発表しなければならない。提出した研究は応募日より前に公表されたものであってはならない。他の国内あるいは国際会議で発表されたものは受理しない。本賞の受賞者は、提出された抄録からIADR一般セッションにおいて審査委員会にわたされたものから選ばれる。

<手続き>

希望者は、アブストラクトの通常提出手続きに従い、締切までにIADRの一般セッション&展示の全体本部に提出すること。オン・ラインのアブストラクト提出段階で、褒賞セクションの中の「Dental Anesthesiology Research Group Young Investigator Prize for Innovation.」を選択する。

<賞>

賞は、賞状および1000ドル相当の賞金からなり、一般セッションのDARグループ年次ビジネスミーティングで授与される。

<選考>

グループ大会長が指名した褒賞小委員会が、学会でのアブストラクトの科学的に優れた点、およびポスターあるいは口演発表に基づいて受賞者を選考する。抄録および発表はすべて次の基準によって採点される:研究方法、科学的価値、および研究の妥当性における革新性
アブストラクトの締切期限:IADRのウェブサイトの一般セッションと同じ。
この賞に関する詳しい情報は、日本歯科麻酔学会国際交流員会にお尋ね下さい。

ページの先頭へ戻る