リフレッシャーコース

過去のリフレッシャーコース

平成29年(第31回)日本歯科麻酔学会リフレッシャーコースのご案内

主催:一般社団法人日本歯科麻酔学会
企画運営:教育研修委員会

平成29年(第31回)日本歯科麻酔学会リフレッシャーコースを,東京にて開催いたします.
講演テーマなどは下記のとおりですので,奮ってご参加ください.

開催概要

日時 平成29年7月9日(日)
会場 東京歯科大学新館 血脇記念ホール
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-1-14
募集人数 350名
会費 日本歯科麻酔学会会員  7,000円
日本歯科麻酔学会非会員 10,000円
申込方法

参加費を下記口座に振り込み,その控えの写しを申込書に貼付の上,平成29年6月8日までにお申し込みください.
振込の控えは,申し込み確認書にもなりますので,ご自身でも保管してください.

振込先 三菱東京UFJ銀行 駒込支店 普通預金 1190026 一般社団法人 日本歯科麻酔学会 代表理事 一戸達也
送付先 〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 (一財) 口腔保健協会内
日本歯科麻酔学会リフレッシャーコース係宛

講演テーマおよび講師

※講演順が変更となりました。

1) 9:00~10:20 「心疾患合併患者における非心臓手術の周術期管理」
瀬尾勝弘 氏(小倉記念病院麻酔科・集中治療部(役職:副院長、主任部長))
2) 10:30~11:50 「歯科医療関連事故と医療事故調査制度について」
末石倫大 氏(第一東京弁護士会(平沼髙明法律事務所))
3) 12:50~14:10 「未来の歯科治療としての歯の再生」
辻 孝 氏(国立研究開発法人理化学研究所多細胞システム形成研究センターチームリーダー)
4) 14:20~15:40 「侵襲時の血糖制御」
田中克哉 氏(徳島大学大学院医歯薬学研究部麻酔・疼痛治療医学分野教授)

備考

締切日以前でも,応募者が定員に達した場合は,受付を終了させていただきます.
締切日以降のキャンセルはできませんのでご注意ください.
日本歯科麻酔学会認定医の先生方の積極的なご参加をお願いいたします.
日本歯科麻酔学会登録医ならびに認定医,歯科麻酔専門医更新のための単位は10単位となります.
また,日本歯科医師会実施の生涯研修事業による単位も取得できます.
申し込まれた方には、6月末にテキストを送付します。

講演内容

  1. 「心疾患合併患者における非心臓手術の周術期管理」(瀬尾勝弘)

    2014年に2007年以来7年ぶりに改訂された「ACC/AHA非心臓手術周術期管理ガイドライン」について概説するとともに、薬剤溶出性ステント(DES)留置後の非心臓手術の待機期間の短縮や、大動脈弁狭窄症(AS)合併患者での非心臓手術に先行する大動脈弁バルーン拡張術(BAV)や経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の適応と時期についても考えてみる。

  2. 「侵襲時の血糖制御」(田中克哉)

    周術期の糖代謝は非常に複雑である。それは、周術期に患者は短期間の飢餓状態にさらされること、加えて手術侵襲による糖代謝異常に伴う高血糖をきたす可能性があることが複雑に絡んでいるからである。
    本コースではこうした糖代謝の概念を述べるとともに、手術侵襲の生体反応に注目してその臨床的アプローチを考える。

  3. 「未来の歯科治療としての歯の再生」(辻 孝)

    歯科医療における大きな目標は、喪失した歯を再生により取り戻す「歯の再生治療」である。私たちは、歯胚を再生し、この再生歯胚を歯の喪失部位へ移植することにより、機能的な歯の再生に成功した。本講演では、未来の歯科治療としての歯科再生医療の実現に向けた基礎研究の戦略とその進展を紹介すると共に、その現状と課題を考察する。

  4. 「歯科医療関連事故と医療事故調査制度について」(末石倫大)

    歯科医療関連事故の典型例とその後の紛争の流れ等を、具体例を挙げてご説明する。併せて歯科医療関連死が生じた場合の医療事故調査制度の流れと予測される問題点、歯科麻酔科医に求められる役割についてご説明する。

申し込み方法

下記の参加申込書をダウンロードしてお申込ください。

ページの先頭へ戻る