リフレッシャーコース

過去のリフレッシャーコース

令和3年(第35回)日本歯科麻酔学会リフレッシャーコースのご案内

主催:一般社団法人日本歯科麻酔学会
企画運営:教育研修委員会

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大のために対面での開催を断念し、Web開催といたしましたが、引き続きWeb開催を希望する意見を多くいただいたことから、今後のリフレッシャーコースはWeb開催とすることになりました。講師および講演テーマなどは下記のとおりです。奮ってご参加下さい。

開催概要

日時 令和3年7月初め~8月初めまで(予定)※視聴期間中は何度でも視聴可能です
会場 Web開催
定員 なし
参加費
会 員 正会員区分1・2 12,000円
正会員区分3 4,000円
学生会員 無料
非会員 歯科医師又は医師、その他研究者 15,000円
その他の医療従事者 7,000円
申込フォーム https://www.jdaform.jp/form_refresher_course/

講演テーマおよび講師

1) 「JRC蘇生ガイドライン2020の概説」
野々木 宏 氏(一般社団法人 日本蘇生協議会 代表理事)
2) 「デザインが研究の質を決定する」
福原 俊一 氏(京都大学特任教授、Johns Hopkins大学 客員教授)
3) 「歯科臨床におけるアナフィラキシーの診断と対応」
丹羽 均 氏(大阪大学大学院歯学研究科 高次脳口腔機能学講座 教授)
4) 「歯科麻酔科医とwithコロナの感染対策」
半田 俊之 氏(東京歯科大学 歯科麻酔学講座 講師)

備考

  • 締切日以前でも、応募者が定員に達した場合は、受付を終了します。
  • 締切日以降のキャンセルはできません。
  • 日本歯科麻酔学会認定医の先生方の積極的な参加をお願い致します。
  • 日本歯科麻酔学会認定歯科衛生士ならびに登録医の新規申請のための参加業績とするためには4つの講演全てを視聴いただく必要がございますので、ご注意下さい。
  • 日本歯科麻酔学会認定歯科衛生士ならびに登録医、【旧制度】認定医、【旧制度】歯科麻酔専門医更新のための単位は10単位となり、【新制度】認定医、【新制度】歯科麻酔専門医更新のための単位は8単位(2単位×4講演)となります。
  • 昨年度より、出席管理を厳格化しました。講演動画を全て視聴されなければ、受講証明書は発行されませんので、ご注意下さい。また、日本歯科医師会実施の生涯研修事業による単位も取得できます。
  • テキストは、昨年と同様に印刷体は作成せず、お申込みいただいた先生方のみダウンロードいただける仕様となります。

講演内容

  1. 「JRC蘇生ガイドライン2020の概説」(野々木 宏)
    5年毎に国際コンセンサスに基づき改訂している蘇生ガイドラインが2021年に発表になりました。
    歯科麻酔で必要な一次、二次救命処置の改訂ポイントを概説致します。
  2. 「デザインが研究の質を決定する」(福原 俊一)
    日本の臨床研究低迷は臨床医の統計解析や英語の能力不足が原因と誤解されている。
    「研究デザイン学」の体系的な教育不足に本質的な問題がある。(福原著 臨床研究の道標 第二版 東京 2017年)具体例を用いて解説する。
  3. 「歯科臨床におけるアナフィラキシーの診断と対応」(丹羽 均)
    手術室において、アナフィラキシーに遭遇する機会は決してまれではない。
    一方、開業歯科医にとっては、その頻度はきわめてまれであるため、アナフィラキシーの迅速な診断と適切な対応法について、戸惑うことも多い。本講演では、基本的な診断・対応法を中心に解説する。
  4. 「歯科麻酔科医とwithコロナの感染対策」(半田 俊之)
    Covid-19感染症の世界的な大流行により、歯科医療を取り巻く環境が大きく変わったのではないかと思います。今回は歯科麻酔業務において、おさえるべき標準予防策と感染経路別予防策を中心に述べたいと思います。

ページの先頭へ戻る