• HOME
  • 会員の皆様へ

会員の皆様へ

麻酔薬および麻酔関連薬使用について

麻酔薬剤、ことに静脈麻酔薬については、その生体に及ぼす大きな影響に鑑み、薬理作用や社会的影響を十分理解した使用が求められるところです。
これにつきましては、日本麻酔科学会「医薬品ガイドライン」の記述内容も併せてご理解参照の上、妥当適切な使用に十分ご留意くださるよう、重ねてお願い申し上げます。
http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/publication4-3_20121106.pdf

非歯原性(筋性・神経障害性・神経血管性)歯痛の診断と治療のガイドライン」の日本歯科医学会診療ガイドラインライブラリーへの収載について(2014年1月27日)

「非歯原性(筋性・神経障害性・神経血管性)歯痛の診断と治療のガイドライン」が、日本歯科医学会の診療ガイドラインライブラリーに収載されました。
http://www.jads.jp/guideline/

ドルミカムの「歯科・口腔外科における処置時の鎮静」の適応について(2013年12月26日)

2013年2月に公知申請を行っておりました催眠鎮静剤「ドルミカムR注射液10mg」(一般名:ミダゾラム)の「歯科・口腔外科領域における手術及び処置時の鎮静」の追加適応症について、アステラス製薬株式会社が2013年12月20日に製造販売承認を取得しました。

※詳細は、下記PDFファイルもしくはアステラス製薬株式会社のHPからご確認下さい。
アステラス製薬:催眠鎮静剤「ドルミカムR」適応追加に関する製造販売承認取得のお知らせ
アステラス製薬株式会社HP

歯科・口腔外科領域の意識下鎮静法における「ドルミカム®注射液10mg」の早期承認について(2013年2月18日)

「歯科医師による医科麻酔」に対する日本麻酔科学会・日本歯科麻酔学会の見解(2011年6月22日)

「歯科医師の医科麻酔科研修のガイドライン」の遵守について(2011年2月24日)

医科麻酔科研修を行う予定の先生方におかれましては、「歯科医師の医科麻酔科研修のガイドライン」を遵守して行っていただくようお願い致します。
また、既に研修中の先生方におかれましても、ガイドラインの内容について、今一度ご確認頂くとともに必ず遵守していただきますよう重ねてお願い致します。
(一般社団法人 日本歯科麻酔学会 理事長)

ページの先頭へ戻る