1. トップページ >
  2. 行事 >
  3. 日米バイオマテリアル学会 ジョイントシンポジウム2021

日米バイオマテリアル学会 ジョイントシンポジウム2021

日米バイオマテリアル学会 ジョイントシンポジウム2021

SFBより転載許可を得て掲載

日米バイオマテリアル学会・ジョイントシンポジウム2021(日米シンポ2021)開催へ向け、いつもご協力いただき誠にありがとうございます。日米シンポ2021の情報をアップデートいたします。
抄録募集締め切りが延期されました。また、参加形式のオプション選択が可能となっております。
1.抄録提出締め切りが9月15日(水)に延期されました(9月1日(水)から延期)。
2.リモート参加を含めた参加形式のオプション選択が追加されました(下記)。
2について:
抄録提出の画面に入ると次のような選択欄があります。
Presentation Preference (Tentative response based on information currently available)
- I am able to present in person
- I prefer to present in person but may need to participate virtually
- I can only participate virtually

引き続き米国バイオマテリアル学会(SFB)との協議を継続し、会員の先生方に最新の情報をお届けするようにいたします。コロナ状況が国内外で依然不透明ではありますが、引き続きご協力をよろしくお願い申し上げます。  2021年8月30日現在

日米バイオマテリアル学会・ジョイントシンポジウム2021(日米シンポ2021)開催へご協力いただき誠にありがとうございます。既に日米シンポ2021のHPより抄録募集が開始されておりますが、新型コロナウイルスの国内外の状況が不透明な中、開催方法について米国バイオマテリアル学会(SFB)と協議を継続しております。以下に開催に関する最新の情報をお知らせします。
1.リモートで参加が可能なオンライン発表併催を検討中です。
2.抄録提出締め切りは9月1日(水)です。
3.発表のキャンセルは12月1日(水)まで、参加登録費のキャンセルは12月23日(木)まで可能です(手数料50ドルが差し引かれて返金されます)。

会員の先生方におかれましては、日米シンポの開催成功へ向け、引き続きご協力をお願い申し上げます。  2021年8月6日現在

先ごろに、日米バイオマテリアル学会・ジョイントシンポジウム2021(日米シンポ2021)会期の再延期に関して、2021年12月以降で検討中と連絡させていただきましたが、正式な日程が決まりました。
延期後の日程: 2022年1月8日(土)~1月10日(月)
抄録の提出期限など、日米シンポ2021のHP上で近々に更新される予定ですので、ご確認をお願いします。
本シンポジウムの成功には、会員の先生方のご協力が不可欠です。どうぞよろしくお願いいたします。  2021年3月末現在

主催
日本バイオマテリアル学会(JSB)、米国バイオマテリアル学会(SFB)
日時
2022年1月8日(土)~10日(月)
場所
Hilton Waikiki Beach
(2500 Kuhio Ave., Honolulu, Hawaii, 96815, USA)
参加費
$500(正会員Early Bird)、$165(学生会員Early Bird)
※他の区分の参加費の詳細は、末尾のURLよりご確認下さい。
要旨(A4版1ページ)提出(発表申込を兼ねる)

日米バイオマテリアル学会 ジョイントシンポジウム2021運営委員会
国際担当 鈴木 治(東北大学)

詳しい内容は下記URLをご覧下さい。
https://biomaterials.org/events-future-meetings/2021-hawaii-joint-symposium-sfb-jsb

ページの先頭へ戻る