1. トップページ >
  2. 出版物 >
  3. 学会誌

学会誌

バイオマテリアル-生体材料-

36巻1号目次(2018年1月)

巻頭言
初心忘れず、日々新たに 長崎幸夫(筑波大)
提 言
リーディングバイオマテリアル 朝山章一郎(首都大)
特集1 平成29年度日本バイオマテリアル学会各賞紹介
〈学会賞受賞論文〉
  • 生分解性高分子の合成手法開拓と刺激応答型医用材料としての応用
    大矢裕一(関西大)
〈科学奨励賞受賞論文〉
  • ポリロタキサンによる細胞内脂質環境の調節と疾患治療への応用
    田村篤志(医科歯科大)
  • 生体計測・制御システムに向けたプリンテッドナノ薄膜の創製
    藤枝俊宣(早稲田大)
〈平成29年度日韓バイオマテリアル学会若手研究者交流AWARD〉
  • 細胞分化を亢進する成長因子担持ポリロタキサン基材の表面設計
    有坂慶紀(医科歯科大)
  • 自律的な物性変化を示す生体模倣ポリマーブラシ表面の創製
    増田 造(東京大)
  • 潰瘍性大腸炎と大腸癌の治療を目指した経口レドックスナノ粒子の開発
    ヴォン ビン ロン(筑波大・ベトナム国家大)
特集2 ロコモティブシンドロームのためのバイオマテリアル
  1. ロコモティブシンドロームの概念とその提案の意義
    大江隆史(NTT 東日本関東病院)
  2. 骨再生における骨の細胞群の役割
    網塚憲生(北海道大)・邱 紫璇(北海道大)・山本知真也(自衛隊阪神病院)・長谷川智香(北海道大)
  3. 生体骨の異方性
    石本卓也・中野貴由(大阪大)
  4. 抗菌性を備えた整形外科インプラント材の開発
    石井 賢(国際医療福祉大)・船尾陽生(国際医療福祉大)・磯貝宜広(国際医療福祉大)・松本守雄(慶応大)・相澤 守(明治大)
  5. 半月板修復・再生を目指した力学的強度を有するコラーゲン半月補填材の開発と実用化研究
    横井裕之・前 達雄・武 靖浩・下村和範・中田 研(大阪大)
  6. 3Dプリンターで造形した人工骨の開発
    藤林俊介(京都大)・竹本 充(京都市立病院)・森 重雄(大阪治金興業)・松下富春(中部大)
  7. 多層構造を有するrhBMP-2担持PLLAナノシートの骨形成促進効果
    茂呂 徹(東京大)・岡村陽介(東海大)・齋藤 琢(東京大)・矢野文子(東京大)・石原一彦(東京大)
TOPICS
  • 医療を支えるバイオマテリアル研究に関する提言
    日本学術会議 材料工学委員会 バイオマテリアル分科会
学会印象記
  • 第33回日本DDS学会学術集会
    弓場英司(大阪府立大)
  • Biomaterials International 2017
    島袋将弥(医科歯科大)
  • 第70回日本歯科理工学会学術講演会
    土谷 享(九州大)
  • AMBA 2017-Advanced Materials for Biomedical Applications
    前田瑞夫(理科研)
ESSAYS
  • 生体の勘違いを誘導する材料
    石本卓也(大阪大)
  • バイオマテリアル研究から環境・エネルギー分野への挑戦
    吉冨 徹(東京大)

ページの先頭へ戻る