1. トップページ >
  2. 関連団体 >
  3. 公募関係

公募関係

筑波大学数理物質系物質工学域 教員公募

募集人員 准教授または助教1名
所属 数理物質系物質工学域
専門分野・
職務内容
高分子科学、バイオマテリアルズ、バイオ工学。
理工学群応用理工学類、数理物質科学研究科物性・分子工学専攻において、当該分野における教育研究を行う。
応募締切 2019年9月30日(月)必着
詳細

筑波大学数理物質系物質工学域 教員公募

JAXA 国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用テーマ募集

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用テーマとして、下記の3つのカテゴリについて募集しています。
詳細は 各URLをご参照ください。

募集対象

2019年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ募集
JAXAは、ISS・「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的 で国際的に高い水準の研究を推進するため、以下の「きぼう」利用フィジビリ ティスタディテーマを募集しています。ただし、2019年度募集では、マウス個体 あるいは小動物飼育装置を使用する実験は募集対象外です。
(a) 国の戦略的研究募集区分(「きぼう」を使ったヒトの健康長寿に関連する研究)
(b) 一般募集区分:
・物質・物理科学分野
・生命医科学分野
URL: http://iss.jaxa.jp/kibouser/subject/invitation/fs/68546.html

2019年度「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ募集
JAXAは、これまでにISS・「きぼう」日本実験棟で実施されたマウス飼育実験 (地上対照実験を含む。以下、軌道上実験という。)での未解析組織等を対象として、「きぼう」利用の裾野拡大及び軌道上実験での未解析サンプルの有効活用を目的としてマウスサンプルシェアを行う研究提案を募集しています。
URL: http://iss.jaxa.jp/kibouser/subject/invitation/share/68548.html

「きぼう」での静電浮遊炉(ELF)を利用した材料研究テーマ募集【基盤研究利 用コース】
JAXAは、ISS・「きぼう」日本実験棟にある静電浮遊炉(ELF)を利用して実施す る、材料の熱物性値の取得や新材料創成を目的とした実験の研究提案を募集して います。
URL: http://iss.jaxa.jp/kibouser/subject/invitation/elf/68550.html

募集締切(各募集) 2019年9月30日(月)16:00(日本時間)
説明会 各募集に関する説明、これまでの「きぼう」利用成果に関するプレゼンテーショ ン、及び個別の利用相談会を開催します。募集期間中はメールでの問い合わせに も随時対応しています。
日時:2019年9月6日(金)13:00~16:50
場所:TKP日本橋カンファレンスセンター(ライブ配信予定)
http://iss.jaxa.jp/kibouser/pickout/68556.html
お問い合わせ先 (一財)日本宇宙フォーラム(JSF)宇宙利用事業部
「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail:kiboexp@jsforum.or.jp

2020年度笹川科学研究助成の募集について

笹川科学研究助成は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ若手の研究を支援しています。

申請受付期間 2019年9月17日(火)~10月16日(水)
詳細

笹川科学研究助成(日本科学協会ウェブサイト)

東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授公募

募集人員 准教授 1名
専門分野 金属をベースとする多機能医用デバイス材料の組織評価や力学特性評価などの材料評価に関わる分野
着任時期 2020年4月1日,あるいはそれ以降のなるべく早い時期
応募締切 2019年10月25日(金)消印有効
詳細

東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授公募

九州大学 特任助教・ポスドク募集(ナノバイオ分野)

応募締切 2019年10月31日(木)必着
※適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。
問い合わせ先 九州大学先導物質化学研究所ナノ界面物性分野 准教授
有馬祐介 宛
Email:arima@ms.ifoc.kyushu-u.ac.jp
詳細

九州大学 特任助教・ポスドク募集(ナノバイオ分野)

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
令和2年度研究提案募集について(予告)

本プログラムは、科学技術と外交を連携し、相互に発展させる「科学技術外交」の強化の一環として、文部科学省・外務省の支援のもと、JSTと独立行政法人 国際協力機構(JICA)が連携して実施するものです。開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、将来的な社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。
本プログラムでは地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することや、これらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。

募集期間 2019年9月中旬~11月中旬予定
詳細

SATREPSウェブサイト

2019年度 グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(GSC賞)の候補業績募集

公益社団法人新化学技術推進協会 グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク会議(略称:JACI GSCN会議)は、第19回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(略称:GSC賞)の業績を募集いたします。
グリーン・サステイナブル ケミストリー(略称:GSC、詳細はこちら)の推進に貢献する優れた業績を挙げた個人、団体を表彰いたします。奮ってご応募下さ い。再応募も歓迎いたします。

受賞対象 グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)の推進に貢献する優れた業績に対して贈られます。
経済産業大臣賞:産業技術の発展に著しく貢献した業績
文部科学大臣賞:学術の発展・普及に著しく貢献した業績
環境大臣賞:総合的な環境負荷低減に著しく貢献した業績
ベンチャー企業賞・中小企業賞:中小規模の事業体による業績
(ベンチャー企業賞・中小企業賞の受賞業績には賞金(50万円/件)を贈呈いたします)
奨励賞:将来の展開が期待できる業績
GSCとは 人と環境にやさしく、持続可能な社会の発展を支える化学
応募要領 公益社団法人新化学技術推進協会 (JACI) のWebサイトGSC賞ページ(http://www.jaci.or.jp/gscn/page_03.html)をご覧ください。
締切

JACI WebサイトGSC賞ページからの申請:
2019年11月22日(金)17時 厳守

応募資料(*)の提出:
2019年11月25日(月)17時 必着
(*業績説明書・論文・特許明細書の写し等)
お問合せ先 公益社団法人新化学技術推進協会 GSC賞事務局
E-mail:gscn19@jaci.or.jp TEL:03-6272-6880(代)

Phoenix Prize のお知らせ

スイスETHのProf. Textorが日本の若手の発表を支援するPrizeを創設された旨の連絡が届きましたのでお知らせいたします。

Phoenix Prize のお知らせ(103KB)

ページの先頭へ戻る