第82回 口腔病学会学術大会

第82回学術大会を下記の要領にて開催いたしますので、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

平成29年7月
口腔病学会会長 興地 隆史

日時

平成29年11月19日(日)・11月20日(月)

場所

東京医科歯科大学M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂

プログラム概要

11月19日(日)

特別講演Ⅰ
歯科医療行動科学分野 俣木志朗 教授

最先端口腔科学研究推進プロジェクト・シンポジウム

一般演題
ポスター発表・質疑応答

11月20日(月)

特別企画Ⅱ
顎顔面補綴学分野 谷口 尚 教授

特別企画Ⅲ
歯周病学分野 和泉雄一 教授

一般演題
最優秀演題ファイナリスト口演発表

懇親会

※第82回口腔病学会学術大会はResearch Dayと共催となります。

一般演題申込方法

Microsoft Wordにて作成して下さい。A4縦長用紙に、演題、氏名(発表者に○印)、所属、要旨(和文200字以内,英文の場合80 words以内)、最優秀演題エントリーの有無、を裏面の書き方見本に従って記載、E-mailに添付してお申し込み下さい(英文可)。

第82回学術大会では、一般演題は、最優秀演題ファイナリスト口演発表(スライド英文,発表は日本語・英語)またはポスター発表(ポスター英文,発表は日本語・英語)を予定しています。最優秀演題にエントリーしない方はポスター発表になります。最優秀演題にエントリーした場合でも、ファイナリスト(基礎3題,臨床3題)に選出されなかった場合にはポスター発表になります。

申込先

口腔病学会集会担当理事(地域・福祉口腔機能管理学分野) 古屋純一 宛
Junichi FURUYA,E-mail:furuya.ohcw@tmd.ac.jp

締切

平成29年9月8日(金)午後5時 必着(延長はありません)

問合せ先

東京医科歯科大学大学院地域・福祉口腔機能管理学分野
東京キ文京区湯島1-5-45 TEL:03-5803-4545

口病誌用抄録

口腔病学会雑誌掲載用抄録(和文800字以内,英文の場合300語以内,A4)を記載したMicrosoft Wordファイルを、電子記録媒体(USBメモリ,CD-R)を学術大会当日に受付係に提出して下さい。なお、CD-Rは原則返却いたしません。

会議等日程

評議員会:
平成29年11月20日(月)12:30〜13:10
総会:
平成29年11月20日(月)13:20〜13:40
懇親会:
平成29年11月20日(月)18:00〜19:30(予定)

演題申込書 書き方見本

 第82回口腔病学会学術大会演題申込書 

演題(Title) ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
氏名(Name) ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽ (発表者に○)
所属(Affiliation) ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
要旨(Abstract) ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽(和文200文字以内、英文80words以内)
最優秀演題にエントリー  する または しない

(日本語の例)
演題 地域福祉と口腔機能の関係
氏名 ○古屋純一1,2,遠藤慶子1,興地隆史2
所属 1地域・福祉口腔機能管理学分野,2歯髄生物学分野
要旨 和文200文字以内
最優秀演題にエントリー  する

(英語の例)
Title Relationship between community welfare and oral function
Name ○Junichi FURUYA1,2, Keiko ENDO1, Takashi OKIJI2
Affiliation 1Department of Oral Health Sciences for Community Welfare, 2Department of Pulp Biology and Endodontics
Abstract Abstract must be less than 80 words.
Award application  Yes

一般演題発表者へのお願い

  1. 発表用PC・スライド
    一般演題の最優秀演題ファイナリストに選出された方は、口演発表を行っていただきます。口演発表には学会で用意するWindows PCを用います。スライド送りは演者が行います。スライドはPowerPointで4:3のサイズで作成し、英語での表記をお願いします。口頭発表・質疑応答は英語での講演も可能です。PowerPointファイルは事前にスライド担当まで提出していただきます。提出の期限は、スライド係がお知らせします。
  2. ポスター発表
    一般演題のポスター発表は英語での表記をお願いします。内容の発表・質疑応答は、日本語で行いますが、英語も可能です。ポスターの大きさ等、発表の詳細については、後日、学会ホームページにて発表いたします。
  3. 発表資格
    一般演題の発表者あるいは共同発表者が本学会の会員でない場合には、演題申込時に入会手続きをしてください。入会申込は、入会案内ページから行うか、口腔病学会雑誌とじ込みの用紙をご利用ください。

[東京医科歯科大学歯学部ホームページ]