本文へジャンプ

一般の方へ

一般の方へ

本会で実施している学術講演会のレポート

顎関節症

「あごが痛い」

「口が開かない」

「カクカク音がして痛い」

こんな症状はありませんか?

あなたの顎(がく)関節の自己チェック法
(合計点数が8.6以上では顎関節症の危険あり,杉崎正志、他:2007)

  1. 口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
    (1.すっと入る 2.ほぼ問題ない 3.どちらともいえない 4.やや困難 5.全く入らない)
  2. 口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?
    (1.全くない 2.たまにある 3.どちらともいえない 4.しばしばある 5.いつもある)
  3. 口を大きく開いたとき,まっすぐに開きますか?
    (1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない 4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)
  4. 干し肉,するめ,タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?
    (1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

あるいは設問2の「口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?」に「はい」と回答した方も顎関節症である可能性がありますので,専門医を受診することをお勧めします.

顎(がく)関節症とは?

顎関節症の代表的な症状

顎関節症の代表的な症状は,「あごが痛む(顎関節痛)」,「口が開かない(開口障害)」.「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の三つで,このうち一つ以上の症状があり,鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます.

MRI検査で確実な診断と適切な治療が可能となりました!

あごの関節の病気で最も多いのは顎関節症です.しかし,同じような症状を示す病気(滑膜性骨・軟骨腫症,咀嚼筋腱・腱膜過形成症,顎関節強直症,口腔癌・咽頭癌の咀嚼筋進展,智歯周囲炎,顎周囲炎,発作性神経痛など)も多くあります.鑑別診断と治療のためにはMRI検査が必要なことがあります(図1).

図1
図1

大学や総合病院の歯科あるいは歯科口腔外科には顎関節の専門外来があり,この診断と治療を専門的に行っています.

成人の46%に顎関節症の何らかの症状があるとの報告(松香芳三:1992)があります.

また前に述べた「口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?」に「はい」と回答した方は厚労省の歯科疾患実態調査(2007)では約5%で,東京都内就労者では約20%(杉崎正志,他:2008)程度です.

顎関節とその関連臓器のしくみ(構造)と働き(機能)

顎関節は手足の関節と同じような基本構造を持っていますが,異なる面も多くあります.顎関節は頭の骨(側頭骨)のくぼみ(下顎窩)に下あごの上先端の骨(下顎頭)が入り込む構造で,その間にクッションの役割をする関節円板という組織が挟み込まれています(図2).

図2
図2

関節円板はコラーゲンと呼ばれる線維のかたまりで,血管や神経がありません.開口時には下顎頭が下顎窩からさらに前に出るように動きます.また,閉口時には,下顎頭が下顎窩にはまりこみます.この動きは,四肢の関節にはない関節の動きです.この時,関節円板が,下顎頭と協調して開口時には前に移動したり,閉口時には後ろに戻ったりします.これは大きく口を開けて,食物を口に入れ,噛みつぶしていくとき,下顎頭を介して,側頭骨に力が過大にかからないように関節円板が協調して移動することにより,圧力を分散させる仕組みになっているからです.

関節円板のズレが起きると………

関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着していますが,前後方向の付着が緩いため,大きな力が持続的に顎関節に加わると,関節円板にズレ(転位)の生じることがあります.このズレの92%は前方で,8%が内外の側方,ごくまれに後方にも生じます.また,閉口時に関節円板にズレがあっても,最大開口時にはこのズレが戻る場合と,戻らない場合とがあります.戻る場合には開口時と閉口時に「カックン」と関節音がします.また,戻らない場合には,急性期には「口が開けられない」,「口を開けると耳の前が,とても痛い」などの症状がみられます(図3).

図3
図3

顎関節症の受診者の7割に関節円板のズレが!

口を開くときは,下あごが関節のへこみ(下顎窩)からはずれるように前に動くのですが,下あごの上に帽子のようにのっていて,クッションの役目を果たしている関節円板も連動して動きます.これが何らかの原因で前にズレたままになると,開閉口のたびに円板が引っかかったり,こすれて内張りのやわらかい組織(滑膜)の炎症を起こします.軽いものでは,咀嚼(そしゃく)筋の痛みや関節を包んでいる袋,あごの動きを調整するじん帯の炎症だけのケースもありますが,受診者の7割近くに関節円板のズレがみられます.関節円板のズレを簡単かつ明確に診断するにはMRI検査が最適です(図4~6).

図4
図4

図5
図5

図6
図6

原因は複雑で,かみ合わせが悪かったり,歯ぎしりや歯をかみしめる癖,ムチ打ちなどの外傷,ストレスと,さまざまな要因が重なって,強い力があごの関節にかかる場合に起こるといいます.また原因以外に症状を持続・悪化させる因子もあります.

治療法の概要 保存治療が一般的! 噛みしめにも注意!

多くは保存的治療で対処しますが,症状によっては外科的な治療を行う場合も希にあります.

通常は鎮痛薬の規則的な服用で,関節内の炎症を鎮めるとともに,スプリント(図7)といわれる,プラスチックの板を歯列全体にかぶせる保存的な治療が一般的です.

図7
図7

スプリントは,噛みしめ時の顎関節の負担を軽くする治療法です.これで痛みが軽快しないときは,関節の中(関節腔内)に局所麻酔(図8)をして,徒手的にズレた関節円板を治したり,また炎症がひどいときは,点滴注射で関節の中を洗い(図9),潤滑剤を注入することもあります.

図8
図8

図9
図9

このほか,皮膚を介した電気刺激(図10)や自分の手で筋肉をマッサージしたり,温湿布で血行をよくするなどの理学療法も効果的です.また,円板が癒着して関節の中で動かなくなった場合,歯科口腔外科のある病院では,入院下に円板を切り離す手術もありますが,関節付近に小さな穴を開けるだけで済む内視鏡手術(図11)が主流です.

図10
図10

図11
図11

家庭での健康法

上記の治療は病院で行われますが,家庭での注意も必要になります.一番大切なことはアゴの関節に負担をかけないことです.うつぶせ寝,睡眠不足,フランスパン,ビーフジャーキー,タコ,イカなどの硬い食品や大きな食品を避ける,歯を噛みしめる癖,あごを後ろに引く動きが必要なフルートやサキソホンなどの管楽器の演奏,顎で楽器を挟むバイオリン演奏,格闘技やスキューバダイビングなどは控えることが大事です.さらに筋肉のマッサージは自宅でもできます.直接あごに負担のかからない生活を心がけましょう.

ページの先頭へ戻る

一般社団法人 日本顎関節学会事務局

〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43-9
駒込TSビル4F
TEL:03-3947-8891
FAX:03-3947-8341