学術委員会指名講演

一般社団法人 日本歯科麻酔学会
令和5年度 学術委員会指名講演の公募について

拝啓

 秋冷の候、正会員各位におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 平素より本学会の運営につきまして、多大のご協力を賜りまして誠に有難うございます。
 昭和61年に開催された本学会第14回学術集会より「宿題報告」として講演しておりましたが、令和4年に開催される第50回学術集会より、「学術委員会指名講演」と講演名称を変更して、自薦を原則(指導医による推薦も可)として、本学会正会員の皆様に応募していただくことになりました。
 今回は、令和5年10月に長崎市で開催予定の第51回学術集会での「学術委員会指名講演」につきまして公募を開始することになりました。つきましては、以下の応募資格のある本学会正会員で、学術集会の「学術委員会指名講演」で自らの研究成果を発表したいと望まれている方におかれましては、ふるって応募してくださいますようお願い致します。

敬具

令和3年10月8日

一般社団法人 日本歯科麻酔学会
学術委員会

応募資格
  1. 歯科麻酔学に関連する科学研究において、優れた研究成果を発表していること
  2. 応募用紙の提出期限の時点で5年間の本会正会員歴を有し、且つ50歳未満であること
  3. 歯科麻酔学に関する研究テーマ(基礎研究も含む)で、ファーストオーサー、セカンドオーサー、またはコレスポンディングオーサーとなっている原著論文(応募時にin pressの論文も対象とする)が2編以上あること
    ※少なくとも1編は関連学会国際学術誌に掲載された論文であり、インパクトファクターが付与されたものが望ましい
  4. 過去に本講演の演者となっていないこと
    ※旧講演名称である宿題報告の講演者も含む
応募方法

以下の書類を本会にE-mail(gakkai12@kokuhoken.or.jp)でご提出下さい。

学術委員会指名講演 応募用紙
② 「①」に掲載した学術論文のPDFデータ

応募締切:2021年12月10日(金)必着

選考方法 学術委員会の議を経て理事会にて承認
問い合わせ先 一般社団法人 日本歯科麻酔学会 事務局
gakkai12@kokuhoken.or.jp

ページの先頭へ戻る